HOME   FORMULA 1 MENU

2019 F1 JAPANESE GP

2019年 F1 ROUND17 日本GP 鈴鹿サーキット  2019.10.11-13

   セバスチャン・ベッテル  SCUDERIA FERRARI
   #5 セバスチャン・ベッテル  SCUDERIA FERRARI MISSION WINNOW


   #5 セバスチャン・ベッテル  SCUDERIA FERRARI
   #5 セバスチャン・ベッテル  SCUDERIA FERRARI MISSION WINNOW


   セバスチャン・ベッテル  SCUDERIA FERRARI
   #5 セバスチャン・ベッテル  SCUDERIA FERRARI MISSION WINNOW


   #5 セバスチャン・ベッテル  SCUDERIA FERRARI
   #5 セバスチャン・ベッテル  SCUDERIA FERRARI MISSION WINNOW


   シャルル・ルクレール SCUDERIA FERRARI
   #16 シャルル・ルクレール SCUDERIA FERRARI MISSION WINNOW


   シャルル・ルクレール SCUDERIA FERRARI
   #16 シャルル・ルクレール SCUDERIA FERRARI MISSION WINNOW


   ルイス・ハミルトン MERCEDES AMG PETRONAS MOTORSPORT
   #44 ルイス・ハミルトン MERCEDES AMG PETRONAS MOTORSPORT


   ルイス・ハミルトン MERCEDES AMG PETRONAS MOTORSPORT
   #44 ルイス・ハミルトン MERCEDES AMG PETRONAS MOTORSPORT


   バルテリ・ボッタス MERCEDES AMG PETRONAS MOTORSPORT
   #77 バルテリ・ボッタス MERCEDES AMG PETRONAS MOTORSPORT


   キミ・ライコネン ALFA ROMEO RACING
   #7 キミ・ライコネン ALFA ROMEO RACING


   キミ・ライコネン ALFA ROMEO RACING
   #7 キミ・ライコネン ALFA ROMEO RACING


   ピエール・ガスリー RED BULL TORO ROSSO HONDA
   #10 ピエール・ガスリー  RED BULL TORO ROSSO HONDA


   ピエール・ガスリー RED BULL TORO ROSSO HONDA
   #10 ピエール・ガスリー  RED BULL TORO ROSSO HONDA


   マックス・フェルスタッペン RED BULL RACING
   #33 マックス・フェルスタッペン ASTON MARTIN RED BULL RACING


   アレクサンダー・アルボン RED BULL RACING
   #23 アレクサンダー・アルボン ASTON MARTIN RED BULL RACING


   ランド・ノリス McLAREN F1 TEAM
   #4 ランド・ノリス  McLAREN F1 TEAM


   カルロス・サインツJr. McLAREN F1 TEAM
   #55 カルロス・サインツ Jr. McLAREN F1 TEAM


   セバスチャン・ベッテル SCUDERIA FERRARI
   セバスチャン・ベッテル SCUDERIA FERRARI MISSION WINNOW


   キミ・ライコネン& バルテリ・ボッタス
   キミ・ライコネン ALFA ROMEO RACING & バルテリ・ボッタス MERCEDES AMG PETRONAS MOTORSPORT


   ルイス・ハミルトン MERCEDES AMG PETRONAS MOTORSPORT
   ルイス・ハミルトン MERCEDES AMG PETRONAS MOTORSPORT


   シャルル・ルクレール SCUDERIA FERRARI
   シャルル・ルクレール SCUDERIA FERRARI MISSION WINNOW


   ピエール・ガスリー  RED BULL TORO ROSSO HONDA
   ピエール・ガスリー  RED BULL TORO ROSSO HONDA


   アレクサンダー・アルボン & マックス・フェルスタッペン ASTON MARTIN RED BULL RACING
   アレクサンダー・アルボン & マックス・フェルスタッペン ASTON MARTIN RED BULL RACING


   セバスチャン・ベッテル  SCUDERIA FERRARI
   #5 セバスチャン・ベッテル  SCUDERIA FERRARI MISSION WINNOW


   #5 セバスチャン・ベッテル  SCUDERIA FERRARI
   #5 セバスチャン・ベッテル  SCUDERIA FERRARI MISSION WINNOW


   #5 セバスチャン・ベッテル  SCUDERIA FERRARI
   #5 セバスチャン・ベッテル  SCUDERIA FERRARI MISSION WINNOW


   シャルル・ルクレール SCUDERIA FERRARI
   #16 シャルル・ルクレール SCUDERIA FERRARI MISSION WINNOW


   ルイス・ハミルトン MERCEDES AMG PETRONAS MOTORSPORT
   #44 ルイス・ハミルトン MERCEDES AMG PETRONAS MOTORSPORT


   キミ・ライコネン ALFA ROMEO RACING
   #7 キミ・ライコネン ALFA ROMEO RACING


   マックス・フェルスタッペン RED BULL RACING
   #33 マックス・フェルスタッペン ASTON MARTIN RED BULL RACING


   山本尚貴 RED BULL TORO ROSSO HONDA
   #38 山本尚貴  RED BULL TORO ROSSO HONDA


   山本尚貴 RED BULL TORO ROSSO HONDA
   #38 山本尚貴  RED BULL TORO ROSSO HONDA


   鈴鹿サーキット ヘアピンコーナー カメラマンエリア ヘアピンプラス
   ヘアピンコーナー


   鈴鹿サーキット ヘアピンコーナー
   ヘアピンコーナー


   鈴鹿サーキット ヘアピンコーナー
   ヘアピンコーナー
I席


2019年 F1 第17戦 日本グランプリの開催された三重県・鈴鹿サーキットに行ってきました。
台風19号の接近に伴う天候悪化の影響で土曜日の全セッションがキャンセルになり、予選と決勝が日曜日に行なわれることになった今回の日本GP。
波乱のレースを制したのは、メルセデス バルテリ・ボッタス。PPスタートのフェラーリ セバスチャン・ベッテル、メルセデス ルイス・ハミルトンが続きました。

曇天の金曜日。ゲートオープンのAM8:30、サーキットボウルまで伸びた入場列の最後尾に到着。GPスクエア左奥のブースでカメラマンエリア用のビブス(今年は水色)を引換え、恒例の鈴鹿限定ミニカー1/43 レッドブルホンダ RB15 ピエール・ガスリー 9,000円を手に、一路最果てのヘアピンコーナーへ。

今年も撮影&観戦はヘアピンコーナー常設I席前のカメラマンエリア・ヘアピンプラスから。AM10:00、フリー走行FP1のお楽しみは、トロロッソホンダ 山本尚貴のF1初走行。日本人ドライバーのF1走行は2014年のケータハム 小林可夢偉以来5年ぶり。山本はチームメイトと0.098秒差の17番手タイムをマークし、FP1最多の30周をトラブルなく走り切りました。

台風一過の青空が広がってくれた日曜日。AM10:00、強風が吹きつける難しいコンディション下、通常フォーマットの予選がスタート。Q3でコースレコード 1'27.064をマークしてポールポジションを獲得したのは、フェラーリ セバスチャン・ベッテル。ヘアピンスタンドの観客からは大歓声。フェラーリの鈴鹿PPは2006年のフェリペ・マッサ以来。チームメイトのシャルル・ルクレール、メルセデス ボッタス、ハミルトン、レッドブル マックス・フェルスタッペンが続きました。

日曜日の観客数は昨年より8,000人多い89,000人。気温23℃。予選終了からわずか3時間後のPM14:10、53周の決勝がスタート。ベッテルはスタートをミスして後退。3番手スタートのボッタスが先行する一方で、ルクレールとフェルスタッペンが2コーナー立ち上がりで接触。ルクレールは緊急ピットインを強いられたばかりか、レース後にタイムペナルティを科せられ7位に降格。

メルセデス バルテリ・ボッタスがトップチェッカーを受け今季3勝目。メルセデスは6年連続でコンストラクターズタイトルを獲得。タイヤをS⇒S⇒Mと繋いだベッテルは、レース終盤のハミルトンの猛攻を抑えきって2位フィニッシュ。レッドブルホンダ アルボン、マクラーレン カルロス・サインツJr.が続き、トロロッソ ピエール・ガスリーは8位、アルファロメオ キミ・ライコネンは14位に終わりました。


HOME  FORMULA 1 MENU