HOME   FORMULA 1 MENU

2022 F1 JAPANESE GP

2022年 F1 ROUND18 日本GP 鈴鹿サーキット  2022.10.7-9

   シャルル・ルクレール SCUDERIA FERRARI 鈴鹿サーキット カメラマンエリア ヘアピンプラス
   #16 シャルル・ルクレール SCUDERIA FERRARI


   シャルル・ルクレール SCUDERIA FERRARI 鈴鹿サーキット カメラマンエリア
   #16 シャルル・ルクレール SCUDERIA FERRARI


   シャルル・ルクレール SCUDERIA FERRARI 鈴鹿サーキット カメラマンエリア
   #16 シャルル・ルクレール SCUDERIA FERRARI


   シャルル・ルクレール SCUDERIA FERRARI 鈴鹿サーキット カメラマンエリア
   #16 シャルル・ルクレール SCUDERIA FERRARI


   シャルル・ルクレール SCUDERIA FERRARI 鈴鹿サーキット カメラマンエリア
   #16 シャルル・ルクレール SCUDERIA FERRARI


   マックス・フェルスタッペン RED BULL RACING 鈴鹿サーキット カメラマンエリア ヘアピンプラス
   #1 マックス・フェルスタッペン ORACLE RED BULL RACING


   マックス・フェルスタッペン RED BULL RACING 鈴鹿サーキット カメラマンエリア ヘアピンプラス
   #1 マックス・フェルスタッペン ORACLE RED BULL RACING


   マックス・フェルスタッペン RED BULL RACING 鈴鹿サーキット カメラマンエリア ヘアピンプラス
   #1 マックス・フェルスタッペン ORACLE RED BULL RACING


   セバスチャン・ベッテル ASTON MARTIN カメラマンエリア ヘアピンプラス
   #5 セバスチャン・ベッテル  ASTON MARTIN ARAMCO COGNIZANT F1 TEAM


   フェルナンド・アロンソ BWT ALPINE F1 TEAM 鈴鹿サーキット カメラマンエリア
   #14 フェルナンド・アロンソ  BWT ALPINE F1 TEAM


   ルイス・ハミルトン 鈴鹿サーキット ヘアピンプラス
   #44 ルイス・ハミルトン MERCEDES AMG PETRONAS F1 TERAM


   ジョージラッセル 鈴鹿サーキット ヘアピンプラス
   #63 ジョージ・ラッセル MERCEDES AMG PETRONAS F1 TERAM


   カルロス・サインツ 鈴鹿サーキット ヘアピンプラス カメラマンエリア
   #55 カルロス・サインツ  SCUDERIA FERRARI


   カルロス・サインツ 鈴鹿サーキット ヘアピンプラス カメラマンエリア
   #55 カルロス・サインツ  SCUDERIA FERRARI 


   セルジオ・ペレス RED BULL RACING 鈴鹿サーキット カメラマンエリア ヘアピンプラス
   #11 セルジオ・ペレス ORACLE RED BULL RACING


   ピエール・ガスリー アルファタウリ 鈴鹿サーキット ヘアピンプラス
   #10 ピエール・ガスリー SCUDERIA ALPHATAURI


   ピエール・ガスリー アルファタウリ 鈴鹿サーキット ヘアピンプラス
   #10 ピエール・ガスリー SCUDERIA ALPHATAURI


   ピエール・ガスリー アルファタウリ 鈴鹿サーキット ヘアピンプラス
   #22 角田裕毅 SCUDERIA ALPHATAURI


   ピエール・ガスリー アルファタウリ 鈴鹿サーキット ヘアピンプラス
   #22 角田裕毅 SCUDERIA ALPHATAURI


   バルテリ・ボッタス ALFA ROMEO RACING
   #77 バルテリ・ボッタス ALFA ROMEO F1 TEAM ORLEN


   シャルル・ルクレール SCUDERIA FERRARI 鈴鹿サーキット カメラマンエリア
   シャルル・ルクレール SCUDERIA FERRARI


   マックス・フェルスタッペン RED BULL RACING 鈴鹿サーキット カメラマンエリア ヘアピンプラス
   マックス・フェルスタッペン ORACLE RED BULL RACING


   セバスチャン・ベッテル ASTON MARTIN カメラマンエリア ヘアピンプラス
   セバスチャン・ベッテル  ASTON MARTIN ARAMCO COGNIZANT F1 TEAM


   フェルナンド・アロンソ BWT ALPINE F1 TEAM 鈴鹿サーキット カメラマンエリア
   フェルナンド・アロンソ  BWT ALPINE F1 TEAM


   ルイス・ハミルトン 鈴鹿サーキット ヘアピンプラス
   ルイス・ハミルトン MERCEDES AMG PETRONAS F1 TERAM


   カルロス・サインツ 鈴鹿サーキット ヘアピンプラス カメラマンエリア
   カルロス・サインツ  SCUDERIA FERRARI 


   ピエール・ガスリー アルファタウリ 鈴鹿サーキット ヘアピンプラス
   ピエール・ガスリー SCUDERIA ALPHATAURI


   ピエール・ガスリー アルファタウリ 鈴鹿サーキット ヘアピンプラス
   角田裕毅 SCUDERIA ALPHATAURI


   バルテリ・ボッタス ALFA ROMEO RACING
   バルテリ・ボッタス ALFA ROMEO F1 TEAM ORLEN


   シャルル・ルクレール SCUDERIA FERRARI 鈴鹿サーキット カメラマンエリア
   #16 シャルル・ルクレール SCUDERIA FERRARI FP3


   シャルル・ルクレール SCUDERIA FERRARI 鈴鹿サーキット カメラマンエリア
   #16 シャルル・ルクレール SCUDERIA FERRARI FP3


   シャルル・ルクレール SCUDERIA FERRARI 鈴鹿サーキット カメラマンエリア
   #16 シャルル・ルクレール SCUDERIA FERRARI QF


   シャルル・ルクレール SCUDERIA FERRARI 鈴鹿サーキット カメラマンエリア
   #16 シャルル・ルクレール SCUDERIA FERRARI QF


   シャルル・ルクレール SCUDERIA FERRARI 鈴鹿サーキット カメラマンエリア
   #16 シャルル・ルクレール SCUDERIA FERRARI QF


   シャルル・ルクレール SCUDERIA FERRARI 鈴鹿サーキット カメラマンエリア
   #16 シャルル・ルクレール SCUDERIA FERRARI FP1


   マックス・フェルスタッペン RED BULL RACING 鈴鹿サーキット カメラマンエリア ヘアピンプラス
   #1 マックス・フェルスタッペン ORACLE RED BULL RACING FP3


   マックス・フェルスタッペン RED BULL RACING 鈴鹿サーキット カメラマンエリア ヘアピンプラス
   #1 マックス・フェルスタッペン ORACLE RED BULL RACING QF


   マックス・フェルスタッペン RED BULL RACING 鈴鹿サーキット カメラマンエリア ヘアピンプラス
   #1 マックス・フェルスタッペン ORACLE RED BULL RACING QF


   マックス・フェルスタッペン RED BULL RACING 鈴鹿サーキット カメラマンエリア ヘアピンプラス
   #1 マックス・フェルスタッペン ORACLE RED BULL RACING FP2


   セバスチャン・ベッテル ASTON MARTIN カメラマンエリア ヘアピンプラス
   #5 セバスチャン・ベッテル  ASTON MARTIN ARAMCO COGNIZANT F1 TEAM FP3


   セバスチャン・ベッテル ASTON MARTIN カメラマンエリア ヘアピンプラス
   #5 セバスチャン・ベッテル  ASTON MARTIN ARAMCO COGNIZANT F1 TEAM FP3


   セバスチャン・ベッテル ASTON MARTIN カメラマンエリア ヘアピンプラス
   #5 セバスチャン・ベッテル  ASTON MARTIN ARAMCO COGNIZANT F1 TEAM FP3


   セバスチャン・ベッテル ASTON MARTIN カメラマンエリア ヘアピンプラス
   #5 セバスチャン・ベッテル  ASTON MARTIN ARAMCO COGNIZANT F1 TEAM QF


   セバスチャン・ベッテル ASTON MARTIN カメラマンエリア ヘアピンプラス
   #5 セバスチャン・ベッテル  ASTON MARTIN ARAMCO COGNIZANT F1 TEAM FP1


   フェルナンド・アロンソ BWT ALPINE F1 TEAM 鈴鹿サーキット カメラマンエリア
   #14 フェルナンド・アロンソ  BWT ALPINE F1 TEAM QF


   フェルナンド・アロンソ BWT ALPINE F1 TEAM 鈴鹿サーキット カメラマンエリア
   #14 フェルナンド・アロンソ  BWT ALPINE F1 TEAM QF


   フェルナンド・アロンソ BWT ALPINE F1 TEAM 鈴鹿サーキット カメラマンエリア
   #14 フェルナンド・アロンソ  BWT ALPINE F1 TEAM FP2


   ルイス・ハミルトン 鈴鹿サーキット ヘアピンプラス
   #44 ルイス・ハミルトン MERCEDES AMG PETRONAS F1 TERAM FP3


   ルイス・ハミルトン 鈴鹿サーキット ヘアピンプラス
   #44 ルイス・ハミルトン MERCEDES AMG PETRONAS F1 TERAM QF


   ルイス・ハミルトン 鈴鹿サーキット ヘアピンプラス
   #44 ルイス・ハミルトン MERCEDES AMG PETRONAS F1 TERAM QF


   ジョージラッセル 鈴鹿サーキット ヘアピンプラス
   #63 ジョージ・ラッセル MERCEDES AMG PETRONAS F1 TERAM FP3


   カルロス・サインツ 鈴鹿サーキット ヘアピンプラス カメラマンエリア
   #55 カルロス・サインツ  SCUDERIA FERRARI FP3


   カルロス・サインツ 鈴鹿サーキット ヘアピンプラス カメラマンエリア
   #55 カルロス・サインツ  SCUDERIA FERRARI FP3


   カルロス・サインツ 鈴鹿サーキット ヘアピンプラス カメラマンエリア
   #55 カルロス・サインツ  SCUDERIA FERRARI FP1


   セルジオ・ペレス RED BULL RACING 鈴鹿サーキット カメラマンエリア ヘアピンプラス
   #11 セルジオ・ペレス ORACLE RED BULL RACING QF


   ピエール・ガスリー アルファタウリ 鈴鹿サーキット ヘアピンプラス
   #10 ピエール・ガスリー SCUDERIA ALPHATAURI FP3


   ピエール・ガスリー アルファタウリ 鈴鹿サーキット ヘアピンプラス
   #10 ピエール・ガスリー SCUDERIA ALPHATAURI FP3


   ピエール・ガスリー アルファタウリ 鈴鹿サーキット ヘアピンプラス
   #10 ピエール・ガスリー SCUDERIA ALPHATAURI QF


   ピエール・ガスリー アルファタウリ 鈴鹿サーキット ヘアピンプラス
   #10 ピエール・ガスリー SCUDERIA ALPHATAURI FP1


   ピエール・ガスリー アルファタウリ 鈴鹿サーキット ヘアピンプラス
   #22 角田裕毅 SCUDERIA ALPHATAURI FP3


   ピエール・ガスリー アルファタウリ 鈴鹿サーキット ヘアピンプラス
   #22 角田裕毅 SCUDERIA ALPHATAURI QF


   ピエール・ガスリー アルファタウリ 鈴鹿サーキット ヘアピンプラス
   #22 角田裕毅 SCUDERIA ALPHATAURI FP1


   ランド・ノリス 鈴鹿サーキット ヘアピンプラス
   #4 ランド・ノリス MCLAREN F1 TEAM QF


   佐藤琢磨 & 山本尚貴  HRC REBORN 40th ANNIVERSARY デモラン
   佐藤琢磨 & 山本尚貴  HRC REBORN 40th ANNIVERSARY デモラン


   HONDAブース 1965 RA272 ・ 2018 NSX-GT
   HONDAブース 1965 RA272 ・ 2018 NSX-GT


   HONDAブース 2021 RED BULL RACING RB16B
   HONDAブース 2021 RED BULL RACING RB16B


   鈴鹿サーキット ヘアピンコーナー カメラマンエリア ヘアピンプラス
   ヘアピンコーナー


   鈴鹿サーキット ヘアピンコーナー カメラマンエリア ヘアピンプラス
   ヘアピンコーナー カメラマンエリア・ヘアピンプラス


   鈴鹿サーキット ヘアピンコーナー カメラマンエリア ヘアピンプラス
   ヘアピンコーナー


   鈴鹿サーキット 最終コーナー Q1席
   最終コーナー Q1席


   鈴鹿サーキット ヘアピンコーナー
   ヘアピンコーナー


3年ぶりのF1日本グランプリ!三重県・鈴鹿サーキットで開催された2022年 F1 第18戦 日本GPに行ってきました。
8月に買い換えたばかりのキヤノンEOS KISS X10iと長年愛用しているEF100-400oレンズを手に、金・土・日 3日間ともにヘアピンコーナー常設席前方のカメラマンエリア・ヘアピンプラスを拠点にして、久しぶりのF1マシン撮影を楽しんできました。荒天による赤旗中断後に28周に短縮された決勝レースは、レッドブル マックス・フェルスタッペンがポールトゥウインを飾り、見事2年連続のドライバーズチャンピオンの栄冠を獲得しました。

雨の金曜日。朝8:30のゲートオープンが30分早まり、サーモ検温後に日本GP恒例の鈴鹿限定ミニカー購入列の最後尾へ。1/43 SPARK製の「RB18 ♯1フェルスタッペン \10,000」と「MP4/4 1988 セナ \12,000」のみ購入し、GPスクエア奥のブースでカメラマンエリアビブス(今年はブルー)を引き換え、既に行列ができているオフィシャルショップのグッズ&土産選びに後ろ髪をひかれつつ、一路最果てのヘアピンコーナーへ。

気温15℃、観客数38,000人。ゴアテックスのレインウェアの上からレインコートを着込んで雨天装備完了。EOS KISS X10iにEF100-400oレンズを取り付けて250o前後の望遠にセット。雨の金曜と日曜はレンズフード先端にぐるりと貼り付けた透明ビニール袋でカメラ上部を覆い、ヘアピンを立ち上がってくるマシンを高速連写で追いかけました。
レギュレーションが大きく変わった今季のマシンは、ここ数年では一番カッコよく思えるデザイン。80〜90年代のF1マシンを思い起こさせるクラシックなローノーズ&ワイドリアウイングと空力付加物のなくなったシンプルなスタイリングは撮影意欲を掻き立ててくれます。

晴れ予報の土曜日は走行の無い午前中こそ青空が広がったものの、PM12:00開始のフリー走行FP3序盤から雲が広がり始める今一つのコンディション。予選Q2以降にわずかに陽が射した時間帯を除くと終始薄曇りといった感じで、陽光に輝くマシン撮影は出来ずじまい。気温19℃、観客数68,000人。
予選Q3で1'29.304をマークしてポールポジション獲得したのはレッドブル マックス・フェルスタッペン。フェラーリF1-75を駆るシャルル・ルクレール、カルロス・サインツ、セルジオ・ペレスが続きました。今シーズン限りで引退するアストンマーティン セバスチャン・ベッテルは9番手。ヘアピン席の観客の拍手に手を振って応えてくれました。アルファタウリ勢は精彩を欠き、角田裕毅は13番手、来季アルピーヌへの移籍が決まったピエール・ガスリーは17番手からのスタートに。

決勝日曜日。ドライバーズパレードの終了を待ってくれていたかのように雨がポツリポツリ降り始め、次第に本降りに。気温19℃、観客数94,000人。PM14:00のスタート直後にサインツの200Rクラッシュによりレースは赤旗中断。一旦再開のアナウンスがあったものの即座にキャンセル。間断なく降り続く雨の下、じっと待つこと約2時間。ヘアピンI席裏の男子トイレには大行列。
PM16:15にようやくレースが再開し、フェルスタッペンがトップチェッカー。最終ラップのシケインショートカットで5秒加算ペナルティを受けたルクレールは3位に降格。5位にハミルトン、ベッテル、アロンソが続き、アルファタウリ 角田は13位、ガスリーは18位に終わりました。


HOME  FORMULA 1 MENU